メディアクエリを正しく使うとWebページがどのデバイスでも正しく表示されます。OSや画面の大きさに関わらずデザインがレスポンシブになり、CSSがメンテナンスしやすくなります。このビデオでサンプルページを利用してメディアクエリの正しい使い方(つまりブレークポイントの利用)をご紹介します。