HTML5 Tech Talk @Fukuoka

Message from Mike Smith (W3C). Based on Bruce Lawson's synchronised captions demo. Thanks to Shumpei Shiraishi-san for JavaScript advice.

W3C のマイク スミスさんよりのメッセージ。ブルース ローソンさんの字幕デモを利用しています。白石俊平さんよりJavaScriptのアドバイスをいただきました。

Language Switcher

Transcript

Hi everybody in Fukuoka. This is Mike Smith and I'm here in Tokyo and I'm really sorry that I couldn't come to this event in Fukuoka. I had really been looking forward to it but something else came up so it's a little hard for me to actually be there. Thankfully Daniel Davis from Opera agreed to step in and do a presentation there and I'm sure actually he's probably going to do end up doing a better job than me! One thing I did want to mention is that the title of this session is about why do we need web standards so one of the things I talked with Daniel about and I talk with other people about is I think the word standards is not the most attractive term for the work that we're doing. What we're really doing is we're not coming up with standards, what we're coming up with are new technologies and innovations - new features to add to the web platform and these are features that anybody can freely implement. But what's really important is that we have all of the major browser vendors involved in this work and what they're doing is actively adding these new innovations, new technologies, new features to the web platform. And so that's really why we need standards, why we need to have a common place, a common forum, which is what we have at the W3C, that enables the browser vendors and other implementors to get together and to have a place where they can work together, co-operate and collaborate on coming up with new features to add to the platform. I'm sure Daniel is going to have a lot more to say about this. I hope that I'll be able to make it down to Fukuoka again some time in the future and I'm sure it's going to be a great event so enjoy.

字幕

福岡の皆さん、こんにちは。 マイク スミスです。東京におり、 今日、福岡であるイベントに来られなくて本当にすみません。 とても楽しみにしていましたが、 急用で行けなくなってしまいました。 お陰様で Opera のダニエル デイビスさんが プレゼンテーションをしてくれます。実は私より上手にできるでしょう! その前、一つ言いたいことがあります。このセッションは ウェブスタンダート(標準)の必要性についてですが、 私がダニエルさんと話したこと、そして他の人々と話すことは 「スタンダード」という言い方は最適な言葉ではないと思います。 我々がしていることはスタンダードの作成ではなく、ウェブプラットフォームに追加できる新しい技術、 新しい機能の作成です。 こういう機能はだれでも自由に実装できます。 しかし、このような作業は全てのメジャーなブラウザ団体が関与することが本当に大事なことなのです。 彼らがしていることはこういう新しいイノベーション、新しい技術、新しい機能をウェブプラットフォームに躍進的に追加していることなのです。 だからこそスタンダード、共有場所、共有フォーラムが必要です。 それが W3C にあるものです。 プラットフォームに追加する新しい機能を考えるには、 このおかげでブラウザ団体、そして他の実装する団体が一緒に働いたり、協力したり、 共同作業を行ったりすることができます。 これについてはダニエルさんがもっと詳しく説明すると思います。 またいつか福岡に行けることを願っています。 とても”グレート”(有意義)なイベントになると思いますので、どうぞ、楽しんでください。