月別アーカイブ: 2010年3月

JavaScript を勉強すべきか

JavaScript を勉強しましょう昨日はあるソフト開発会社と HTML5 についてとても面白い話ができました。HTML5 はもちろんバズワードで注目されているものですが、ある面では HTML5 の新しい技術の知識より JavaScript の知識の方が重要であるかも知れません。私が前から思っていたことの一つは、 HTML や CSS を利用しているWebデザイナーが JavaScript を少しでも勉強しないと仕事がなくなる恐れがある、ということです。しかし、昨日の話のおかげでWebアプリケーションが人気になればなるほど、いわゆる一般的な開発者も JavaScript を勉強する必要性が出てくると気づきました。いつも C++ を使っているプログラマーでも、いつも Photoshop を使っているデザイナーでも、JavaScript を理解するためのキーポイントは同じです:

  • JavaScript を使う前に詳しく勉強する必要はありません。一行でもホームページに挿入して試してみることができます。
  • JavaScript は厳しくないです。いろんな間違いを許してくれます。例えば、変数の宣言を忘れたり、セミコロンを忘れたり。
  • コーディングしやすい言語です。例えば、変数のタイプは指定しません。
  • 一応安全な言語です。どうすれば良いか分からない時、何でも試してみても大丈夫です。最悪の場合、ブラウザの再起動が必要になります。
  • 開発ツールがあります。最も簡単なのは OperaFirefox に入っているエラーコンソールです。ちゃんとしたデバグツールなら Opera の DragonflyFirefox の Firebug がお勧めです。開発用の IDE がほしい方は Eclipse (英語)や Aptana(英語)が利用できます。

しかし、私にとって最も重要なポイントは:

  • JavaScript のパワーです。以前はくだらないアニメーションによく使われていましたが、その時代は終わりました。成長しました。

JavaScript と他のWeb言語(HTML、CSSなど)でできるものは C++、Javaなどでできるものに急速に近づいてきています。jQuery みたいなライブラリーのおかげでその差がますます小さくなっています。一般的な開発言語との概念はほぼ一緒ですが、異なるところはプラットフォームです。ネットワークを利用するデバイスが多くなればおおくなるほど、OS のための開発よりブラウザのための開発の方が一般的になるでしょう。

参考資料

プログラミング経験がない場合:

プログラミング経験がある場合:

お勧めの本

最後に、Opera 社員でいることにも関わらず、Mozilla さんの JavaScript ガイドリファレンススタイルガイドはプログラミングしながらのとても役に立つ資料です。